特定保健指導

特定保健指導

HSC独自の支援手法と第3期対応のプログラムで生活習慣改善をサポートします

保健支援センターの特定保健指導について

保健支援センターの保健指導プログラムは、単なるダイエットや健康情報の提供ではない、利用者の健康づくりへの意識変容・行動変容を促す保健指導サービスとして全国の約350の健康保険組合様に導入いただいております。他社にまねのできない「自己コントロール・自己ケア」に導くための支援を目指して、利用者の生活習慣改善と健康自立に貢献します。

選べる面談方法

健保組合・事業所のスタイルに合わせて最適な面談方法をご提案します。

事業所面談

個別訪問

ICT面談

プログラム

利用者様の利便性に合わせてコースの選択が可能です。第3期対応プログラムをご用意しております。

アプリ支援

WEB支援

電話支援

多彩な案内チラシの作成

健康保険組合様ごとにカスタマイズした案内文や案内チラシを制作します。

健康支援なび

生活習慣改善をサポートする自社開発の支援ツールです。写真やイラストを活用し、見やすく理解しやすい構成とデザインで、利用者様の意識変容・行動変容をサポートします。毎年度改定し、ご好評いただいております。

健康づくりを楽しめるアプリ

「日々の健康づくりが”めんどう”から”楽しいに変わる”」をコンセプトに「新ファミリーページ」を開発しました。健康保険組合様からのアプリ内で利用者様に応援メッセージを送ることができます。

ファミリーページを活用した特定保健指導の流れ

ファミリーページは、アプリ版またはWEB版でご利用いただけます。健康づくりに役立つコンテンツやメッセージの配信や身近な方から応援がもらえる環境もあり、楽しみながら健康づくりができます。

初回面談から1か月の配信例(積極的支援の場合)

インセンティブの仕組み

ファミリーページを活用したインセンティブの仕組みの導入が可能です。適用可能な健保組合様においては、ファミリページの週間レポートに「山登りバッジラリー」が表示され、バッジ獲得の条件に該当するとバッジラリーを進めることができます。プログラム完了時に、8合目または10合目まで達成することができた場合は、プレゼント交換ができます。

※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。